コラム こう見えても考えTERU!

【第9回】 環境問題への取り組み(2009.4.13)

ダイビングショップNANAは正式オープンの2008年4月から1年がたったことになる。
本当に皆様有難うございます。
2年目も皆様と一緒に海に潜り、楽しい時を過ごせたらと思う。
 
同時にもう少し環境問題やゴミの問題へも関心を持っていこうと考えている。
 
昨年も海さくら(ゴミ拾いを中心に活動しているボランティァ団体。詳しくはLINKから海さくらホームページをご覧ください)に協賛させてもらい、時間のある時は活動にも参加してきた。
 
葉山ではいつも私達が潜っている場所を鹿島建設の水域環境研究室が水質調査をはじめ、水質向上のために動いている。先日、お話を聞いたところ、葉山の海は以前より綺麗になっているということで、とても嬉しく感じた。
 
ダイビングをしていると磯や浜のゴミを拾っているダイバーや家族連れを目にしたりもする。
海さくら代表の古澤さんによると海のゴミの7割は川からやってくるもので、江の島に比べ川の少ない葉山の方がゴミも少ない傾向にあるという。企業や団体、そして個人が力を合わせれば海はもっともっと綺麗になっていくに違いない。
 
毎日、同じ海に潜っているのだから海さくらや色々な方と協力して海の中の環境の変化にも少し気をつけてみたいと思う。
 
今年は水中ゴミ拾いの企画も通じて皆様にも水中のゴミの量を実際に見ていただいたりしようと思う。たぶん、葉山の水中はゴミが少ないと感じていただけるのでは、と思っている。。
  • ダイビングトリビア
  • 佐藤輝趣味の時間
  • 今日の海日誌
  • DIVINGショップNANA公式Twitter
  • DIVINGショップNANA公式Facebookページ