コラム こう見えても考えTERU!

【第13回】 今年もありがとうございました(2009.12.28)

今年はなかなか水温が下がってこないと思っていたらクリスマスを境に一気に下がってきた。台風18号で減ってしまったウミウシも順調に増えてきているので水温低下とともにもっと多種なウミウシが観察できるようになる。

ウミウシは卵からかえるとベリージャ幼生という幼生となり海面を浮遊し自分の暮らす地を探すものが多い。色々な説があるのだが自分たちの生息地を拡大させるため、1つの地だけで生息していると台風のような壊滅的な何かが起きた時に絶滅してしまうため、血が濃くなっていってしまうため、といった理由で幼生となり違う地に流れていく。

あたりまえのように観察し撮影しているウミウシが葉山生まれのものもいれば、どこか違う地から流れてきたものもいるかと思うと生物の知恵や凄さに感心させられる。もしかしたらウミウシの世界でも、あの家族は昔から葉山にいるから土地に詳しいとか新参者がやってきたとかそんな話がされているのかもしれない。

僕は葉山で生まれ、旅に出て約25年かけて葉山に戻ってきた。
スタッフのみんなは流れに流れてはじめて葉山にたどり着いた。

来年でNANAはやっと3年目を迎える新参者だが葉山の水中に詳しいなと言はれるように努力していこうと思う。

今年もあっという間に終わろうとしている。

お客様は勿論、お世話になった皆様、本年も本当に本当にありがとうございました。
そして来年も何卒宜しくお願い申し上げます。
  • ダイビングトリビア
  • 佐藤輝趣味の時間
  • 今日の海日誌
  • DIVINGショップNANA公式Twitter
  • DIVINGショップNANA公式Facebookページ