コラム こう見えても考えTERU!

【第25回】ありがとう&ごめんね(2012.5.28)

NANAで約3年間働いてくれたまさくんが5月10日をもって退職しました。
 
退職してもう10日。
まだ朝、なぎさを連れて「おはようございまーす」ってまさくんがお店に入ってくる気がするし、海から帰ってくると、なぎさがテラスの向こうから走ってくる気がしてしまう。
 
まさくんがNANAに入ってきてくれた頃からNANAに来てくださる
お客様が増えていった頃ではあったものの、
入社してくれた当時の冬の季節なんかはまだまだ暇で、
出勤してスタッフだけで潜ってお昼食べてゆっくりしている時間も多くあった。
 
そんな時、時間があれば僕はNANAについての夢を話していた気がする。
 
そうすると 「絶対、そうなりましょう!」
って同意してくれるのが、まさくん。
 
同意はしてくれるけど 「そんなことできるかな?」とか
問題点を指摘してくれるのが寿美恵ちゃん。
 
最終決定は奥さん(笑)。
 
そんなに簡単な図式ばかりでNANAの方針を決めてきたわけでは無いけど、
いつのまにかそんな感じになっていた気がする。
 
僕は有能なスタッフに恵まれて賛同と意見と優しさと厳しさとすべての意見を聞
かせてもらいながらそんな中でみんなが僕の「想い」に賛同してくれて、
この3年間、本当に色々な夢がかなった日々であった。
 
 
でも、まさくんがいなくなった今、よく思うことは
本当にまさくんやなぎさは幸せだったのか?っていうこと。
 
僕はなにかをやりたいって思ったり、お客様のために何かをしたいって思ったら
それを形にすることしか考えられなくなってしまうから、まさくんにしたら随分
と僕に振り回されたことも多いと思う。
 
なんで休みの日の夜に磯に生物探しに行くんだとか。。
30過ぎて倒れるまでテキーラいっきするんだ!とか!
そんなのがいっぱいあったように思う。
なぎさだって僕が一緒にいたいから逗子まで急に車で連れて行かれたり。。
 
そんなわがままにいつも付き合ってくれて有難う、そしてごめんね。
 
反省はしても、きっと僕は僕のまま、
これからも一緒に働くみんなに沢山の迷惑をかけてしまうと思う。
 
まさくんもこれからオーナーとなって東北の地で新しいお店を開いて
頑張っていく。僕ができることは少ないけど応援していこうと思う。
 
そしてまさくんが働いてくれて、なぎさが沢山のかわいい姿を見せてくれたNANAを僕はもっともっと大切にしてみんなで歩んでいこうと思う。
 
まさくん、沢山のわがまま「ごめんなさい」
そして本当に有難うございました。
  • ダイビングトリビア
  • 佐藤輝趣味の時間
  • 今日の海日誌
  • DIVINGショップNANA公式Twitter
  • DIVINGショップNANA公式Facebookページ