コラム こう見えても考えTERU!

【第26回】僕達のできること(2012.8.10)

 

今年も夏がやってきました。
 
毎年、思うことですが夏は忙しい!どこにこんなにダイバーがいたんだろう?
と思うほど葉山のビーチも逗子のボートも人が沢山います。
NANAもこの夏から新しいスタッフが2名増えました。なるべく少人数の趣向のあったチームで葉山の海を紹介していければと思っています。
 
そんなNANAに先日神奈川県の黒岩県知事が潜りにいらしてくれました。
皆さんご存知のダイビングメーカーTUSAの児島さんという方のご尽力により今回の話
は実現することとなりました。
 
神奈川県の海がいったいどんな感じなのかを実際に潜って見てみたいということで僭越ながらご案内させていただきました。海況や透明度は葉山の平均的な感じの日で透明度6mくらいの海でした。
 
エントリーしてまずびっくりしたのは県知事があまりにもダイビングが上手だっとことです。沖の方まで泳いで様々な魚や地形を見て頂きました。
 
 
ダイビングが終了して水面に顔を出した時の県知事の第一声は
「本当に面白かった!!」
ほっとしました(笑)
 
神奈川県の代表の方に葉山に潜って頂いて僕があらためて思ったことは
これから5人のスタッフと非常勤のみんなで歩んでいくNANAがやっていかなければいけないことは、
 
お客様の要望に合わせて写真をゆっくり撮りたいのか、
沢山の種類のウミウシを見たいのか、
沢山泳ぎたいのか、
ただみんなでワイワイしたいのか
 
を見きわめて、お客様に喜んでいただくように潜っていくのは勿論なのですが、神奈川県・相模湾の海の良さをすべてのお客様に少しだけでもお伝えできるようにしていくことが大切なことなんだと思います。
 
相模湾ならではの水中風景、生物。
 
ダイビングをはじめて間もない方には食卓に上がる魚が実際に泳いでいる姿など様々な角度から神奈川の海を紹介していければと思います。
その毎日の小さな積み重ねが神奈川の海の良さを色々な方に知って頂く大切な1歩となり子供の小さな食育などにつながっていければと思います。
 
  • ダイビングトリビア
  • 佐藤輝趣味の時間
  • 今日の海日誌
  • DIVINGショップNANA公式Twitter
  • DIVINGショップNANA公式Facebookページ