コラム こう見えても考えTERU!

学生スポーツから学んだこと(2013.10.22)

今年の9月、10月は本当に台風が多いですね。。
台風が去って静かになって生物が安定してくると、また新たな台風がやってきてリセットされて。。という感じでガイド的にも厳しい秋を過ごしています。
自然の力には勝てませんが、もう少し優しさを見せてほしいものです。
 
お店の方はまだ休日はありがたいことに賑わっていますが平日は少しずつお客様の数は減り今月からはスタッフも週に1日くらい、お休みできるようになってきました。
8月、9月は月に1日ないし2日くらいのお休みしかあげらなかったので、たまった疲れを存分に取り除いていってほしいと思います。
 
この夏もただただ葉山の海に潜ることに必死ではありましたが今、僕の心を動かすことの大きな1つに学生スポーツがあります。
1つは息子のラグビー部。
もう1つは僕が学生時代に所属をしていた大学のヨット部です。
 
息子のラグビー部は東京都で優勝し関東大会に出場。関東大会で優勝というわけにはいきませんでしたが3位になり現在3年生にとっては最後の大会が行われていて順調に勝ち進んでいます。
2年の息子は1軍に入り同じポジションの3年生が怪我をすると試合に出場します。
自分よりもデカイ相手にむかっていくタックル、敵をかわしグランドを走り回る息子は家にいるときのダラダラ駄目息子とは別人のようです。
毎日、それはそれは厳しい練習をしている息子を誇りに思います。
 
ヨット部は僕が現役の時は関東の代表にはなっていたものの全日本の大会では入賞するかしないかくらいのチームだったのが今は全日本で優勝を狙うチームになり僕が毎日、潜っている葉山の海の沖を朝早くから夕方遅くまで練習しています。
合宿所も葉山にあり差し入れを持って行ったりすると昔懐かし雰囲気を感じ学生時代を思い出し、なんともいえない嬉しいような悲しいような気持ちになります。
 
比べるものではないのかもしれませんが、今の僕は息子やヨット部の後輩ほど全力で生きているとは思えません。。
あの学生達くらいトライ(ラグビーの得点)に貪欲になれてヨット部のみんなくらい勝つことに必死になれて毎日、限界まで頑張れたら、きっともっと凄い生物や生態を発見できるのだと思います。
 
でも、今、あんなに必死に毎日を過ごしたら半年くらいで倒れてしまう気もするし。。
 
どうして自分もあんなに辛かった練習を耐えてたんだろう??
学生には学生時代という期限があるから毎日、倒れるまで頑張れるのか?
大人のほとんどの人がそう思ってないのかな?
 
だから、きっとヨット部の合宿所に行くと淋しい気持ちも感じるのかな?
 
僕、もっともっと頑張りたいと思います!!
 
  • ダイビングトリビア
  • 佐藤輝趣味の時間
  • 今日の海日誌
  • DIVINGショップNANA公式Twitter
  • DIVINGショップNANA公式Facebookページ